説明書には載っていない!?意外に知らない機械式時計のケア

機械式時計を観賞用にするのは3ヶ月以内!

機械式時計には、取扱説明書には記載されていないようなケアに関する細かい注意事項があります。例えば、その高級感から装着できずに機械式時計を観賞用にする人がいますが、観賞用として保管しておく期間は3ヶ月以内にした方が良いです。昨今は長期間乾かないような潤滑油が塗布されている場合が大半ですが、どんな潤滑油でもおおよそ3ヶ月使わない状態にしていると固化してしまって使えなくなってしまうためです。換言すると、どんな機械式時計でも使用することを前提に作られているのです。

ステンレスケースに貼られたシールは早々に剥がす

機械式時計のステンレスケースの裏側には、時計の情報などに関することが記載されたシールが貼られている場合があります。携帯電話の保護フィルムなどと同じように、このようなシールをなかなか剥がせない人もいますが、長期間剥がさない状態で装着し続けているとケースとシールの間に汚れが貯まっていき、最悪の場合ステンレスと言えども錆びが生じてしまうこともあります。装着に際しては、こうしたシールは早々に剥がすようにしておきましょう。

革ベルトの汚れに関する対処方法

ステンレス製のベルトであればケースなどの対処方法がそのまま適用できますが、革ベルトの場合はまた違ったケアが必要になってきます。まず革は汚れが染み込みやすいので、毎日汚れを柔らかい布などで拭き取るようにしておきましょう。どうしても落ちない汚れの場合は、革専用のクレンジング洗剤を使って汚れを落とします。また汚れの拭き取りが終わった後には保護クリームを塗るように注記がなされていたりしますが、ベルトの内側には肌への影響も考慮してクリームを塗らないように心がけておきましょう。

ダミアーニは宝石を贅沢に散りばめた女性用ジュエリーを販売しているハイブランドで、多くのセレブに愛用されています。