こんなにある?壁面緑化のいろいろな効果について

壁面緑化は環境にやさしい

人間と自然とがいかに共生していくかが叫ばれている時代ですね。とりわけ都市部においては、ほとんどがコンクリートやビルに覆われ、みどりの割合はかなり少なくなってしまっています。壁面緑化は、こうした環境問題に対応するためのひとつの手段だと言えます。壁面緑化というのは、建物の壁面に自然の装飾を施すだけで、さまざまな環境にやさしい効果を得ることができるものです。減少する自然を増やすための対策でもあったりします。

地球温暖化と壁面緑化

年々深刻になっている地球温暖化ですが、壁面緑化を進めることによってある程度の解消が実現できます。とりわけ都心部における温暖化には、ヒートアイランド現象が一枚も二枚も噛んでいたりします。ヒートアイランド現象の緩和に壁面緑化が効果的なのです。植物には蒸散作用という効果があり、この効果がヒートアイランド現象の緩和に一役買ってくれるのです。壁面緑化をすることによって、年々上昇する都市部の気温を押し下げることも不可能ではないのです。

壁面緑化で省エネもできる

壁面緑化を建物に施すと、室内の温度が下がります。とりわけ夏場になると、四六時中建物の中はエアコンによって空調を保たねばなりませんが、壁面緑化によってそうした状況を一変させることができます。また逆に、冬場における暖房の節電効果も期待ができます。壁面緑化の遮熱効果、また断熱効果はこうしたところでも貢献してくれるんですね。冬場にはとりわけ空気が乾燥しますが、緑化することによって保湿性を保つこともできますよ。

壁面緑化とは建物の壁に植物を植えたり、つたを這わせたりして緑化し断熱や環境汚染に配慮した壁のことです。