省エネだけではなく様々な効果が期待できる屋上緑化

屋上緑化をして得られること

地球温暖化対策の一環として、ビルの屋上を緑化することが推進されていますが、屋上緑化はただ単に温暖化対策や室内の温度を下げることだけを目的としているわけではありません。もちろん、それらを第一の目的として行なうのはどこも共通しており、実際に省エネができてコストの削減に繋がったという声も多く聞くことができるのですが、それ以外の目的も期待することができるのです。ただ単に緑化するだけではなく、様々な機能を期待して、取り組む動きもあります。

コミュニケーションが活発になった。

屋上緑化をすることによって、社員同士のコミュニケーションが活発になる場合があります。屋上を緑化していなかった頃は無味乾燥な空間が広がっており、休憩の時間でもなかなか上がる人がいなかったものの、緑化をし、同時にコミュニケーションスペースを設けることによって、休憩などの時間の合間に屋上を利用する人が増え、結果としてコミュニケーションの量が増えたなどの事例もあります。社員間の繋がりが強くなることによって、省エネ以上の効果を期待することができるのです。

屋上の菜園化で汗を流す。

屋上緑化の一環として、菜園を設置するところもあります。緑化するだけではなく、野菜や果物を栽培し、社員たちの手で管理をすることによって、仕事とは違った面で共同作業が行なわれるようにしたのです。そうすることで、普段は部署やグループなどそれぞれが所属する単位で行動することが主だったものが、部署やグループの垣根を越えて共同作業に取り組むことにつながり、結果として会社に一体感が生まれることを期待することができるのです。

屋上緑化は建物の屋上に樹木などの植物を生やすことで都市部のヒートアイランド現象を軽減させる効果があります。その一方で、植物や土、水などの重みが建物にかかるので耐久性を考慮する必要があります。