調理に天然水を活用!水の種類で料理の味も変わります

煮物料理と相性の良い天然水の選び方

料理に清潔な天然水を使う事で味が変わるのは当然ですが、その天然水に含まれているミネラル量にこだわる事によって、料理の味を大幅に変える事が出来ます。肉を長時間調理する事になる煮込み料理などは、硬度のある天然水を使う事で肉を柔らかくする効果が得られますよ。同時に肉の臭みを取る効果まで得られたりと、どうしても煮込み料理が上手く作れなくて悩んでいた方も、天然水を調理に活用するだけで想像以上の変化を感じられるかもしれません。

ご飯を炊く時は余計なミネラルを含まない方が良い

柔らかさが重要となる白米は、その柔らかさを守る為にミネラルが少ない軟水で炊くのが良いと言われています。天然水の場合は軟水であっても僅かにミネラルを含んでいるものですから、天然水で白米を炊くと程よい硬さが作り上げられるところも、炊飯時に天然水を使う人が多い理由の一つですね。逆にサフランライスやパエリアなどの、ある程度は硬さがあった方が調理しやすい米料理の場合は、硬水を使う事によって最適な食感を作り上げる事が出来ます。

麺類のコシを作り上げるにも天然水が役立ちます

ラーメンやパスタなどの麺類を茹でている時に、どうしてもコシを保つ事が出来なくて困っているという人も居られることでしょう。そういう方々は少しだけ硬度がある天然水で麺を茹でる事で、今までに無かった麺のコシを加えてみてください。こんな簡単な事で麺のコシを保てるのかと驚けると同時に、スープを茹でる時にも天然水を使ってみたくなるはずです。味にこだわるラーメン店などは、実際に天然水で麺を茹でている店舗も珍しくありません。

ビールは各社からビールや発泡酒、第三のビールなどが販売されていますが、ビールを飲むならビールの評価が高サントリーのビールが人気があります。