1歳のお誕生日を思い出に残るものにしよう!!

赤ちゃん用のお祝いご飯&ケーキで祝おう

産まれて初めてのお誕生日。1年前、必死に産声を上げた我が子が、1年無事に大きくなれたことを思うと感慨深い日ですね。せっかくの初めての誕生日なので盛大にお祝いをしたいものです。1歳にもなると、だいぶ離乳食も進んでいるので、まずはあかちゃんが喜ぶご飯を出してあげましょう。キャラクターのプレートにして、まだ大人用のケーキを食べられない赤ちゃんのために、水切りヨーグルトでつくった赤ちゃん用ケーキなどを作ってあげて、まずは食事でお祝いしてあげましょう。

部屋の雰囲気でお祝いしよう!

いつもの部屋から、飾りつけをするだけで特別感が一気に上がります。たとえば、1の数字の風船を用意したり、壁に「○月○日、○○ちゃん、おたんじょうびおめでとう」と書いた紙を張り付けたり、フラッグを飾ったり、さまざまな方法で部屋を飾ります。そうすることで、お祝いにきてくれるおじいちゃん、おばあちゃんに対すおもてなしもできます。そして写真を撮ったときにいつの誕生日なのかすぐに分かるし、パーティー感が出ます。部屋の雰囲気からもお祝いムードにしましょう!

将来占い、一生餅背負いも忘れずに!

1歳の誕生日だけにする「将来占い」「一升餅背負い」というものがあります。電卓や筆、ボール、お玉などをならべ、赤ちゃんが取ったものが将来の職業にちなんでいるというのが将来占いです。また、赤ちゃんが一升分の餅を背負い、一生食べ物に困らないとう減担ぎを行います。地方によっては餅をふんだり、草鞋を履いたりします。これらをすることで、お祝いに来て下さった人たちも、赤ちゃんのほほえましい様子を見れて喜んでくれるし、思い出にもなるし、盛り上がります!将来占いは、家にあるもので代用できるし、一生餅も餅を作ってもいいし、インターネットで簡単に注文するか、和菓子屋で作ってくれるところもあります。準備をしっかりして、思い出に残る素敵なお誕生日にしましょう!

一升餅なんて、聞いたことがない!でも両親に聞いたら「やったわよ!!」という人もいるのではないでしょうか?一歳になったお祝いに一升のお餅を担がせ「一生食べ物に困らず、健康に」と願いを込めて祝います。